大原孝治氏の今後の戦略は何なのか

2018年4月11日 Author: juokeihbisetuyaku.net

顧客最優先主義をさらに進化させていき、中期戦略ビジョン2020を実現していくことが大原孝治氏のこれからの目標です。

ステークホルダーのお客様の支援指示をもらいながら権限の委譲という戦略をどんどん進めていくことにより、増益を達成することができています。

ドンキホーテは中期目標としては東京オリンピックが開催される予定の2020年に売上高1兆円と店舗数500店、株主資本当期純利益率15%という高い目標を掲げています。日々刻々と変化していく私たちの環境の中で少子高齢化や過疎化、グローバル化、格差社会化が進んでいく中で情報革新などを活用して顧客のライフスタイル価値観の多様化に対応していこうという考え方です。既成概念を打ち破る決まりきった成功体験にとらわれないで新しい創造的な破壊を繰り返していきたいと考えています。また職場環境の追求も積極的に行っているようです。

ワークライフバランスを重視した職場環境を作ろうと社内のプロジェクトチームを結成しています。シニアスタッフを積極的に活用し女性の従業員の働き方などを支援したり保育施設の設置などをして、働きやすい環境づくりを作り、従業員が気持ちよくドンキホーテで働けるようにしていくような経営を進めていこうと考えているのです。店舗で働く従業員が自己実現できるそんな職場を目指しているのが大原孝治氏です。またさらにイノベーションを追求していき企業価値をどんどん向上していきたいと考えています。常にイノベーションを追求し新しい経営をしていきたいと考えているのが大原氏の考えです。。

Comments are closed.