中国事業から企業が撤退をする方法としては、主に、持分譲渡によるもの、解散や清算によるもの、破産によるものとがあります。

この中で、破産による方法は、まず、外資企業の場合、認められるケースはほとんどなく、現実的な選択肢としては、他の2つの方法となります。

中でも持分譲渡に関しては、多くは損失を被りますが、第三者に譲渡をすることで企業が存続をすることになり、労働者等のデモや暴力行為等のリスクを避けることができるものとなります。

中国法人の撤退に課しては、専門のコンサルタントに依頼をすることが重要となります

株式会社アウトバウンド・マネジメントは中国からの撤退を専門としており、安心して依頼をすることができるようになっています。

撤退は十分なシミュレーションを行なった上で実行に移され、現地の専門家を始め、法律、会計等に詳しいプロが対応をするために、スムーズな撤退につなげることができるようになっています。

Comments are closed.